廃業にあたってすること

本日はタイトルの様なテーマで書きたいと思います。
開業にあたっての情報や法人化などの話は結構ありますが、終わらせる話です。
終活ではないですが、個人事業の終わらせ方について、特にインターネットに関係する話を書いてみたいと思います。

個人事業を終わらせるにあたって、廃業届やその他書類を関係機関に提出しなければいけないのは忘れないかと思いますが、インターネット時代における色々な情報を整理しないといつまでも情報が残ってしまう時代です。
お客様にも混乱をさせてしまうことを考えると、ちゃんと整理した方が良いかと思います。

一旦情報を下記に記載しますが、今後も増えてきたらアップデートする予定です。
整理リスト

  • SNSアカウント
    1. Facebookページ
    2. Twitter
    3. Instagram
    4. LINE@
    5. その他SNS
  • WEBサイト
  • Googleマップ
  • ぐるなび、食べログ等

まずは、SNSアカウント。
最近はWEBサイトは無くてもSNSアカウントだけあるというお店も多いのかと思います。
ちゃんと閉鎖するようにしましょう。
ただ閉鎖するのではなく、閉鎖する前からいつ閉鎖するのかという告知とともに、閉店後も情報が行き届くまで、しばらくは残しておくのが良いのではないでしょうか。

次に、WEBサイト。
こちらも閉鎖前にアナウンスがあると親切ですね。
レンタルサーバなどの契約やドメインの契約なども確認しておきましょう。
事業継承する先などがあれば、リダイレクトなども行っておくと親切ですね。
情報が行き届くまでこちらも、閉鎖を知らせるページはあると良いと思います。

次いで、Googleマップ。
最近はお店の場所を探すのもGoogleマップを利用してという方も多いかと思います。
自店舗の位置をGoogleマップに登録していた場合、こちらも閉店情報を出しておきましょう。
お客様が店舗を登録してくれたりもしますので、一度削除しても復活する場合がありますからしばらく情報を見ていると良いと思います。

後は、食べログ、ぐるなびなどの情報。
飲食店などをされていた場合、食べログや、ぐるなびなどに店舗情報を掲載している場合もあるかと思います。
こちらも忘れずに削除しておきましょう。

色々閉店の理由はあるかと思います。
完全廃業、事業継承、移転、それぞれ次の一歩を踏み出す機会になるかと思います。
これまでの情報を活かすところは活かして、使わないものは削除してと、着実に前へすすめていきたいですね。