古いパソコンでWEBサイトが閲覧できない?

最近、タイトルの様な問い合わせを良く受けます。

特定のサイトだけ見えない。見ることができない。といった場合や、今年2018年に入ってから見えなくなったというのなら、恐らくTLSのサポートバージョンが関係しています。

TLSとは、暗号化の技術でSSLと呼ばれる証明書暗号化の技術の名称です。
簡単に言うと、問合せフォームやショッピングの決済の際に通信を暗号化してクレジット番号や個人情報をお使いのパソコンと通信をしているウェブサイトのみが扱えることができるようにする技術です。
昨今は、Google Chromeをウェブブラウザに使っていて、SSLを利用していないサイトを閲覧すると「安全ではないサイト」と表示されるという件で有名になったSSLです。

さて、これのTLS1.0、1.1バージョンが既に暗号を解読できてしまう状態になっており、暗号の意味をなしていません。
なので、順次TLS1.0、1.1のバージョンを利用できなくなっているレンタルサーバなどが出てきました。
そのレンタルサーバにWEBサイトを配置していると、古いパソコン(Windowsであると凡そWindows XP、Vistaのパソコン、MacであるとMac OS X10.6より前のパソコン)で閲覧できなくなってきています。
Windows XPや、Mac OS X 10.6等のパソコンはオペレーティングシステム(OS)自体で対応ができないため、ブラウザをInternet ExplorerからFirefoxに変えたり、SafariからGoogle Chromeなどに変えても基本的には動作しません。
また、レンタルサーバが変更しているためウェブサイトのプログラムなどを変更することで対応する事もできません。

大変お気の毒ですが、新しいパソコンを購入いただくかアップグレードできるのであればWindows7以降のOSにしたり、Mac OSもできるだけ最新のものにしたりという事が必要になります。

ちなみに、
大手のYahooはこのTLSの対応を行っているため、古いパソコンでは見られなくなっている可能性が高くなっています。

その他、観光サイトや商工会議所などでSSL対応が完了している様なサイトは既にみられなくなっています。
今後古いパソコンでは見られなくなるサイトは増えていくものと思われます。
Windows XP/Vista Mac OS X10.6等はMicrosoft、Appleなどのサポートも終了しています。
セキュリティに関するパッチも提供されなくなったり、ウイルス対策ソフトも対応しなくなっています。
使い続けることは大事な情報を盗まれたり、削除されるといったようなこともあります。
早急に新しいパソコンに乗り換えることをお勧めします。

Instagramで、SUZURIの商品を販売・紹介する

モグランド説明

Instagramに商品のURLを載せても、テキストになってしまいますよね。
ハイパーリンクになっていないので、商品ページに到達する可能性も少なくなくなります。

そこでタイトルのご紹介です!
結論から

下記の画像をご覧ください。
赤枠の様に、「ショップ」のボタンが表示され、青枠の商品をタップすると商品ページへのリンクを含んだ投稿ができました。

モグランドのショップ
モグランドのショップ

モグランド商品リンクを含んだ投稿
モグランド商品リンクを含んだ投稿

行い方はSUZURIのマニュアルページにまとまっています。
Instagramショッピング機能でグッズを宣伝しよう
https://suzuri.jp/account/facebook_dpa_feed

販売している商品に直接つながるInstagramの投稿が行えることで、SNSでの販促効果もあがり、売り上げもアップ!?するかもしれませんね。

SUZURIだけでなく、通常の商品でも行うことは可能です。
ただし、所定のフォーマットのデータを用意する必要があります。
また、Instagramの審査もある様で、時間がかかる場合もあるみたいです。
やり方を知りたい、導入してみたいという方がいましたらお問い合わせください。

ちなみに、今回の方法を行うと、Facebookページの方にも商品が掲載できます。
モグランドFacebookページのショップページ:https://www.facebook.com/pg/moguland.since2013/shop/

対応したモグランドのウェブサイトなどは下記の各種リンクから

モグランドWEBサイト:https://mogu-land.net/
モグランドFacebookページ:https://www.facebook.com/moguland.since2013/
モグランドFacebookページのショップページ:https://www.facebook.com/pg/moguland.since2013/shop/
モグランドTwitter:https://twitter.com/moguland
モグランドInstagram:https://www.instagram.com/mogu.land/
モグランドSuzuri:https://suzuri.jp/mogu-land

対岸の火事で終わらせない、有効期限の確認!

SSL証明書確認しよう

昨日、某通信会社の通信障害が問題になりましたね。
原因が通信機器で利用されている証明書の有効期限切れという話でしたね。

「私はD社だから問題ないよ、うちはA社だから安心だね!」

なんて、対岸の火事で済ませていないですか?

証明書と聞いて、WEBのお仕事をしていて思い出すのが、SSL証明書!
有効期限切れていないですか?
この機会に確認しましょう!

あと、有効期限で思い出すのがライセンス期限やサポート期限。
こちらも合わせて確認しておきましょう!

さて、確認するという事が決まっても、だれが何を確認するか決めていないと、結局「確認しましょう!」だけで終わってしまいます。
→ある意味”ホラー”の世界です。

この機会にぜひ、だれが何を確認するのか。
WEBサイトは誰が確認責任を持つのか決めておきましょう。
業者さんや他の人に作業を任せている方も、だれに確認すれば良いのかという事も把握しておきましょう。

WEB制作やWEBサイトを扱っている会社の方ならないと思いますが、証明書の期限の確認方法が分からないという人はこの際に学んでおきましょう。
アドレスバーに出ている、鍵マークをクリックして「証明書」をクリックしてみてみましょう。

最近のブラウザはアドレスバーの横に証明書が表示されます。昔のブラウザは画面右下に出ていました。
サイトの説明などを見ると、「SSL証明書を導入しているので暗号化されます」という表記をよく見ます。
そういうサイトに限って、今となっても「右下に鍵のマークが表示されていたら暗号化されています」なんて書いてあるのを見たことがあります。
技術力が無いか、新しい技術に疎いという事を表してしまう場合がありますから、こんな視点もこの際に確認しておきましょう。

SSL証明書確認しよう
SSL証明書確認しよう

英語を読めるようにしよう!

英語学習されていますか?
書けなくても、読めるようにした方が良いよというのが今日のテーマです。正直、自動翻訳のたどたどしい日本語を横に並べながらでも良いので読んでみると良いと思います。
法律の様な言語の解釈が重要になってくるものについては読んでみて正しい理解か後から確認するという事が大事になってきます。
確認するとして、読んでみることが大事です。

もし、「システムに携わる」、「WEBのお仕事をしている」という方は、必須といっても過言ではないですね。技術情報、セキュリティ情報、SEOなどの検索に関係する事等ほとんどが、英語で公開されています。

公開される情報の中には日本語化されるものもありますが、セキュリティ情報が日本語化されるのを待っていたらその間にシステムやウェブサイト、コンピュータが危険な状態になってしまうかもしれません。また、トレンド情報等にも素早くキャッチアップしていかないと、他社(他者)に先を越されて対策を行われてしまうかもしれません。

先日、Amazonが「社内用に提供していた機械学習コンテンツ群を無料で公開開始」というニュースがありました。記事内のリンクからも閲覧できますが、AWS Training and Certification – Machine Learning https://aws.amazon.com/jp/training/learning-paths/machine-learning/
のページに公開されています。もちろん、英語でした。こちらもそのうち日本語化される日が来るのかもしれませんが、先に学習しようと思うと英語を読んだり聞いたりしなければできません。

少しからで構わないので、英語を読んで新しい情報を手に入れてみましょう。すぐ必要な情報ではないかもしれませんが、その蓄積が将来に役立つ情報を得ることになるのかもしれません。

マウスの電池切れ?

無線マウス便利ですね。充電式のマウスなら問題ないですが、単三電池や単四電池の無線マウスを使っている方、この時季になってマウスが動かなくなった。認識しなくなったという事はありませんか?
以前、冬になるとパソコンの電源がつかない?なんていう記事も書きましたが、バッテリーや電池やコンデンサーは寒さに弱いものです。

「マウスの電池が切れた?」と思われたときは、その電池を一旦出して手のひら等で温めてみてください。人肌程度の温度で30秒から1分程で大丈夫です。
※火の中に入れたり、ストーブなどに入れる等の行為は絶対行わないでください!
あたためたら、電池をマウスに戻してみましょう。
完全に切れていなければマウスを認識し、動くはずです。
何回も繰り返すとだめですが、2~3回程度なら使えるようになるはずです。

使えるようになったら、次に電池が切れる前に電池を購入しておきましょう!

システムのデータベースは大事

ITで、システムを構築するときに「データ」、「データベース」はとっても大事です。

データベースの仕様、データ定義、データの量等が分からない状態で、システムを構築する事は不可能に近いです。
既存のシステムがあたっとします。それを訳あって、作成してくれたところと違うIT会社などにお願いしなければいけないときには、ぜひデータベースの情報だけは開示してあげてください。
どんなデータがどの様に保持されているのかが分からない状態で、データを連携する仕様書を作ったことがありますが、依頼主が想像している以上(思っている時間の10倍かかる場合もあります)の時間や労力がかかります。
システム屋さんは外見(ユーザー側のソフト)をみたら全てわかるという事はありません。
設計図やデータ定義書、プログラミングソースコード等を読んで理解するのです。

家を建てたり、増築するのも設計図をみたり実際の家の構造を中から見たり中での暮らしの様子をヒアリングしたりして行う様に、システムも設計図や中のプログラムソースコードを見てみたり利用されるデータを確認して行うのです。

その中でも、システムの実際の表示や処理に使われるデータは本当に大事なのです。

こんな書籍も販売されています。営業の方や新社会人の方にもおすすめです。

PDFのタイトル大丈夫ですか?

PDFプロパティ

プレスリリースや参考資料としてPDFファイルをウェブサイトにアップしてリンクする事あると思います。
PDFの作成の仕方や、保存の仕方にもよりますが、PDFのタイトルちゃんと確認していますか?

PDFのタイトルと言っているのは、ファイル名の事ではありません。
下記の画像をご覧ください。

PDFプロパティ
PDFプロパティ

赤線のタイトルというところです。
ここが、内容と異なった名前になっていることはないですか?
また、作成者の名前もパソコンの名前などになっていて、適していないものになっていませんか?

タイトルについては、ブラウザのタイトルとして利用されたり、検索エンジンにPDFが登録されるとタイトルタグと同じ意味を持ちます。
PDFは検索エンジンに含まれないように設定するというのもありますが、ファイルを開いた時に違和感がありますから異なっていれば編集しておきましょう。

PDFのタイトルの確認は、下記の様に、「ファイル」→「プロパティ」で確認します。

PDFファイルアクセス
PDFファイルアクセス

公開しているPDFがあれば一度確認してみてくださいね。

アプリケーションの起動が遅い?

Windows10は、Windows7や、Windows8.1から無料でアップグレードして使用しているなんて言う方も多いのではないでしょうか?
そういう方からよく聞く、タイトルの「アプリケーションの起動が遅い!」というお問合せをご紹介します。

質問の内容はその名前の通りですが、パソコンのワードやエクセル、趣味の写真ソフト、動画編集ソフト、インターネットブラウザ(Chrome、Internet Explorer、Microsoft Edge等)を利用する際にアプリケーションが立ちあがるのが遅いなんて言うことないでしょうか?
さらに、パソコンの起動自体が遅いという方、チェックポイントはココ!

”パソコンはハードディスクを利用していないか?”

Windows10が利用できるパソコンであれば、恐らくCPUやメモリは十分なはずです。これが少ない量の目盛り、古いCPUを利用している場合はまず、メモリを増設するか、パソコンを買い替えましょう。
そうでなければ、ハードディスクをSSDに変更する事をお勧めします。

昨今のパソコンの足回りは、SSD(ソリッドステートドライブ)という、メモリの技術を利用した高速なディスクになってきました。
こちらを利用すれば、アプリケーションの起動の速さも改善されるでしょう。
AppleのMacがほぼすべてSSDを利用していることを考えてもSSDは昨今必須になってきました。

ちなみに、サーバを運用している方でWEBサーバにアクセスした際に、画像の表示が遅いなんてことがあれば、サーバーのディスクが遅い場合があります。
ディスクを高速なものに変更するか、サーバ用のSSDに変更すると改善されます。また、CDNを利用して、画像専用のサーバを用意するというのも良いかもしれません。
WEBのレンタルサーバをおさがしであれば、SSDを利用しているXserverもおススメ。


【まとめ】
昨今のコンピュータが遅い原因は、ディスク周りにあるので、高速なディスク(SSD等)を導入する事を検討してみましょう。

「SEOしました!」に注意しよう

「SEOしました!」
で、明日から検索エンジンの順位が1番になります!
なんてことはありません。

もし、そんなことをいうSEOの会社があれば疑ってください。
逆を言えば、「これをやればどれぐらいで効果が出てきますか?」という質問をしてみて、「明日から一番です!」なんていう人がいれば信じなくて良いです。
確かに、効果自体はやればやるだけ、即色々な効果が出てきます。
ページの文章を校正し、読みやすくすることでユーザーがじっくり見てくれる様になったり、検索エンジンのウェブサイトで最適化されて表示されたりと”効果”は出ます。しかし、すぐ順位が向上するわけではありません。

あと、「自動SEOツールを導入します。」というのも注意した方が良いかと思います。
「そのツールは何をしているのか?」
と尋ねられることをお勧めします。
リンクを買ってくる機能だった場合は、検索エンジンのペナルティを受ける場合がありますので注意しましょう。
昨今ではAIを使って日本語を解析することで読みやすい、検索エンジンに好まれやすい文章を作り出してくれる機能というものもありそうです。
しかし、そういう機能はまだ時期尚早な気がします。
おそらく、metaタグ等を自動生成する機能であったり、sitemap.xml(ウェブサイトのページ一覧)等を作成する機能でしょう。
metaタグや、sitemap.xmlの件は、別の機会に説明します。

ちゃんとした、SEOを学んでみたいと思ったら、下記の様な書籍もおすすめです。

いちばんやさしい新しいSEOの教本第2版 人気講師が教える検索に強いサイトの作り方〈MFI対 [ 安川洋 ]

価格:1,706円
(2018/11/20 10:45時点)
感想(0件)

まとめると、SEOは2~3か月のスパンで外部対策、内部対策、コンテンツ内容、技術的な内容など多岐にわたって行うものなので、焦らずに早めに準備して実施するのが良いでしょう。

冬になるとパソコンの電源がつかない?

冬になるとパソコンの電源がつかない?

寒くなってきました。朝起きても体が温まっておらず、布団から出にくかったり朝一で体が動かないなんてこともあるんじゃないかと思います。
皆さんはどうですか?
そんな季節によく質問を受けるのが、「冬になるとパソコンの電源がつかない」という問い合わせです。
これ、”冬になると”というのがポイントです。

パソコンも寒いと、体が動かないのです。(笑)
ちょっと、ふざけてしまいました。申し訳ありません。
しかし、あながち違うわけではありません。

パソコンの中に入っているコンデンサーやバッテリーなどの蓄電池は寒さに弱いのです。
弱いとコンデンサーに電気が貯めることができず電源がつきません。また、バッテリーが弱ってしまいすぐに電源が落ちてしまいます。
寒い中でスマホやタブレットを使用するのと同じですね。

てことで、そんな時どうするかというと、暖めるしかありません。
パソコンを利用する部屋が暖かくなるまでエアコン等で調整するか、パソコンを暖かい場所に移しましょう。
おそらく電源がつくようになります。
この際に気を付けなければいけないのが、急激に暖めないことです。
結露がパソコンの中で発生し、ショートしてしまいます。
ゆっくり、20度近くの部屋にしてみましょう。

また、バッテリの搭載されているノートパソコンの方が現象が発生しやすい様に思います。
パソコンケースなどに収納し、パソコン本体が冷えないようにするのも大事ですね。

パソコンがつかないうちは、コーヒータイムにしたり、体操したりと自分の身体も温めてみてはいかがでしょうか?

冬になるとパソコンの電源がつかない?
冬になるとパソコンの電源がつかない?